kuriring?

2017年2月3日金曜日

Apple Watch Series2

かれこれ10年目に突入するスピードマスターがオーバーホール(2度目)で
2ヶ月ほどいなくることに。代替えの時計として、以前ロケ前に購入した
アルカイダウォッチでもいいかなと思っていたけど、
ランニングの際のiPhoneを持ち歩く煩雑さに気づき(重さも着信も)、
そういうアクティビティに使いやすい時計を探すことに。

最初はSunntoや、GarminのAthleteシリーズを探していたけど、
音楽を聞けなかったり(独りで走ることが多いからこれは結構大事な要素)、
アプリと連動していなかったり(結局数値を貯めることがモチベーションにつながる)
と、色々考えて行くと、Apple Watchにたどり着いた。
一番汎用性が高く、拡張性もある、という点で。
大きさは38mmと42mmで迷ったけど、38mmで。携帯性重視。

拡張性がある、ということは、まだまだ未熟な点ももちろん多く、
スタンドアローンで使えるとばかり思っていたStravaはiPhone必須だし、
かろうじてスタンドアローンで使用可能なnikePlusも、ルートは出ない。
でも、ランニングに関しては基本同じルートしか走らないし、
いろんなルートを走る自転車ではAppleWatchじゃなく、Garminがあるから
Stravaへの連携は容易。そのうちStravaもスタンドアローン利用ができるだろうし。
とにかくランニングの数十分の間、鍵と時計だけで成立するのがとても嬉しい。
Runtastikを使えばルートも単体で出るみたいだけど、
これ以上ログを取るアプリが増えても本末転倒なので、このままで。

ちなみにSuicaはまだ未設置。右手につける感覚が慣れない。

2017年1月12日木曜日

2017



ato-icihen.

しいたけ占い


2016年11月19日土曜日

パーソナルトレーニング

月-金まで地獄の様に続く6現場が入ってから、
体力はもとより、精神的にさすがにヤバい状態になり
(いわゆるベッドから動けなくなる状態)、
唯一足を運べたいつも行ってるカレー屋さんの紹介で、
この一ヶ月ほど、時間を見つけてパーソナルトレーニングに通っている。

本来こういう時に自転車に乗れたら一番良いんだろうけど、
時間(乗ればなんだかんだ3-4時間使ってしまう)が取れない、
時間を取るためには早朝しかない、そうなると、完全に翌日の業務に影響が出る。
というより早朝まで稼働していることが多いから、そもそも現実的ではない。
みたいな負のループにハマって、今完全に盆栽化してしまっている状態。
ラン、スイムも無理やりやってみたけど、どうもしっくりこない。
というところで苦し紛れに始めたのが経緯。

トレーニングと言ってもジムでマシンを使うものではなく、キックボクシング。
まだまだ始めて数回のため、そこまで汗を掻くほど追い込まれてはいないけど、
体を動かすことで、確かに発散される何かはある。楽しいは楽しい。
でも、やっぱり個人的な唐突さも否めないといえば、否めない。

やっぱり、自転車が良いかもなぁ。と、
結局元の悩みに戻ってしまう可能性が高いけど
とりあえずまだ我慢の時と思って地道に続けてみようと思う。


2016年9月28日水曜日

9月の本

忙中閑ありでないけど、忙しい時ほど本をなるべく読むように。kindle様様。
とはいえ、まだunlimitedに手が伸びるほどじゃない読書量。

BORN TO RUN 走るために生まれた-ウルトラランナーVS"史上最強の走る民族"
運動不足真っ只中の中手に取った一冊。これを読むと確かにトレイルランニングや、ウルトラマラソンに傾倒する人、増えるのも納得。序盤はひたすら眠さに耐えながら、最後のレースパートはそれまでの退屈さを一掃する面白さ。とはいえ、素足で走るにはまだ勇気が必要。

YKK秘録
加藤の乱の内側を、山崎拓の視点から記した一冊。加藤の乱自体の記載はほんの1パートのみだけど、そこに至るまでの過程が簡潔ながら、明瞭に記されており、ある意味日本のこの辺りの政治史(首相がコロコロ変わってた頃)を知るには良い一冊かも。

圏外編集者
仕事にもつながりそうだったので、少し遅れたタイミングで手に取った一冊。都築響一といえば、個人的には「TOKYO STYLE」を確か中学生ぐらいで読んで衝撃を受けた(その時これが都築響一作品とは全く知らず)。単純に、自分が面白いと思ったことがそのまま形にできるっていうのがもうすごいんじゃないか、と、思ってしまったのはここ最近の絶不調の影響か、何なのか。

富士山一周レースができるまで〜ウルトラトレイル・マウントフジの舞台裏〜
kindleの山の日セールで手に取った一冊。読んだタイミングがちょうどUTMF直後(というか、UTMFのニュースがたくさん出ていて買っていたことを思い出したので読みはじめた)。実行委員長、副委員長の2人が代わる代わる語っていくスタイルがちょっと新鮮。なんとなくUTMFっていうレースは知ってたけど、まだ5回しか開催されていなかったこととか、かなり手探りな中作られていたことを知ることができたのは良かった。さらに規模が大きくっていくだろうし、国際的にも知名度はどんどん上がっていくだろうし(もう行くところまで行き着いているかもしれないけど)、そういう内側を、ほとんどタイムラグがなく知ることができる本は、多い様でで以外と少ない。

全部深夜の風呂場で読み切った。今はまた賛否両論あるこれを読書中。

2016年9月21日水曜日

Prestige


BEYOND THE BICYCLE - GRAVEL + ROADBIKE = NISEKO from TONE on Vimeo.


Rapha Prestige Niseko from RAPHA on Vimeo.


〜「びっくりするくらい遅かった」完走するのに私は12時間以上かかっていた。つまり、スコットとアルヌルフォはもう一度全コースを走っても、私に勝てたことになる。
「まさにそれなんだ」とスコットは力を込めた。「僕には経験がある。かなりの経験がある。速く走るよりも、もっと勇気が必要なんだ」〜(出典:BORN TO RUNより



2016年8月30日火曜日

海外ドラマ

ここ最近仕事が重なりすぎて、娯楽が海外ドラマぐらい。



もう5年ぐらい前からやってるのでちょっと遅め。
夜中にちらちら1エピソードずつ見ていくにはちょうど良いノリの軽さでした。



マシューマコノヒーが主演のシーズン1だけ鑑賞。
重めのテーマは、HBOっぽいな、と思いつつ寝落ちしながら完走。
シーズン2までたどり着く元気はなかった。



ここ最近では一番ヒットかも。
ダミアンルイスもいいけど、デヴィッドコスタビルの番頭感が良い。
あとは、マギーシフのSっぷりか。
割とフワフワしたストーリー展開が続くシーズン1だけど、
2になってどれだけ加速するのかが楽しみ。



ロック様にお金の管理ができるのかわからないけど、そういうドラマ。
プロデューサーにマークウォルバーグの名前があるのが謎。
1話30分というお手軽尺なので、みやすい。



これ見とけば感度高いですアピールできます系ドラマ最右翼。
細かなディティールまでこだわっている感満載なので、
多分好きな人がみるとものすごい興奮するのでは。というのが第1話を見た印象。
僕はとりあえず第1話で3回寝落ちしました。多分疲れのせい。



次に楽しみなのはこの作品。もう一回シーズン1見ないと忘れているけれども・・・。

TWDも、シーズン6が再配信されるのを待ちましょうか・・・・。




2016年8月9日火曜日

夜練



昼間は暑くて乗れたもんじゃないし、
早朝に起きる心の強さもないとなると、残されたタイミングは夜しかなし。
ということで土曜の夜に乗ってみることに。

コースはいつもの連光寺周回×2本。
尾根幹を行って帰ってくるよりコンパクトなので、精神衛生上楽。

夜と言っても家を出たのが19:30頃なので幹線道路の交通量は多め。
ということでいつもの甲州街道を使わず方南通り経由で抜けてみようと思ったら、
調布の手前あたりで迷って少しタイムロス。
普通に甲州街道を走って我慢の方が良かったかも。

矢野口ローソンでちょっとだけ補給して、2セット。
いつも朝乗っていて体の重さを感じていたけど、
夜はそういう重さは特に感じず(昼間はデスクワークで特に運動なし)。
ランニングをしている時も昼より夜の方は調子が良かったので
体の慣れとして、多分夜の方が動きやすいのかもしれない。

ログを見返すとタイム的には凡庸(PBにすら届いていない)だったけど、
疲労度、という意味では朝よりも少ない。
あとは、いつも帰り道でストレスがたまる交通量の多さは、
深夜に近いということもあり、逆に少なっていく状態なので、
その分のストレスは軽減されるのが良い。
幹線道路を使わないといけない身としては、これは大きな発見。

今回は土曜日の夜に走ってみたけど、
日曜日の夜ならきっともっと交通量が少なくなるはずだし、
平日もこれならうまく活用できそうな印象。

あとはできることなら平日に一回ぐらいこのサイクルを取り入れたいけど、
それができるようになる頃には夜は寒すぎて話にならなくなっているかも。