2012年10月14日日曜日

Tour Of Marlboro Formula One Japanese Grand Prix Race day

さて、いよいよやってまいりました決勝日。
小林どうなる、アロンソどうなる、ベッテル去年の雪辱晴らせるか。
と、個人的にはトピックス盛りだくさん。睡魔全開。

Untitled
ブログの撮影風景。

到着後、昨年の教訓を活かし、ピット上の席を確保した後パドックウォークへ。
Untitled
Untitled
記念撮影ラッシュ

Untitled
Untitled
Untitled
撮る人を撮りつつ、

Untitled
全身でF1を体感。

Lotus
多分、話題のグロージャンのステアリング

今回もやってくれましたグロ様
今回もやってくれたね。

鈴鹿ラストランの顎様
遂に本当の鈴鹿ラストランの顎様。
Untitled
奇数列でレースに向けて視界良好。

Untitled
PM渡辺さん、通称ナベさんとサッシャさん

Untitled
ナベさんと、徳間書店長谷部さん

Untitled
戻ってきたらマッサ登場。ポジション取れず。
キャップにサインしてもらおうと思ったらエアサインされました。

Untitled
直後、ドメニカリ登場。これに反応できた人は僅か。
M scape Lounge official Photos
無理矢理2ショット。

アロンソの裏側にドメニカリのサインをゲット。
長谷部さんと3ショットを撮ったものの、オフィシャルカメラではなくゲットできず。
ダメニカリなんて呼ばれてますけど、なんだかんだでコンストラクターズ2位だし
個人的にはよくやっているのではないかと思います。
直近がジャントッドとシューマッハという偉大すぎる組み合わせなのが辛いところだけど。

で、その後のクイズ大会で観戦歴25年の本領発揮。圧倒的大差で勝利しました。
Untitled
マッサ直筆サイン入りのF150のバージボードをゲット。
去年はもっとオタクな方々が沢山いたので勝てませんでしたが、
今年は何とか勝つ事ができました。

2度目のパドックウォークは撮影ラッシュ。
Untitled
バトンの親父。決勝日はだいたいピンクのシャツ。
最近ボタンが開き気味ですね。

Untitled
おなじみジョニーハーバート。気さくなおじさんでした。

Untitled
佐藤琢磨のチームメイトだったり、トヨタのワークスドライバーだったり、
近年何かと日本とゆかりのあるアンソニーデイビッドソン。

Untitled
Skyの中継ではおなじみ。90年代前半のいぶし銀、マーティンブランドル。

で、レースへ。ライブタイミングをにらみながら
サッシャさん、長谷部さん、先輩、そしてFNDのHirockさんと。
Untitled

レースの詳細は割愛しますが、本当に感動でした。
終盤の可夢偉とバトンの1秒差を巡るバトルは本当にハラハラしましたが。
LTが手元で見れると、情報量が充実してるし、何より臨場感が凄い。
iPad別にいらないな〜なんて思ってましたけど、明らかにiPhoneより
視認性も良いし、あそこだと意外とかさばってなかったし、
もし来年もチャンスがあるなら確実に導入したいですね。
普段家で見てる分にはPCのLTで十分ですけど。
Untitled
というわけでポディウムまではこの距離で。

その名古屋までバスのロングドライブ。熟睡であっという間に名駅へ。
新幹線まで時間があったため、名古屋のソウルフード味仙まで
タクシーでタイムアタック。台湾ラーメンを食べて帰京。
Untitled
Untitled
Untitled

寝過ごしながらなんとか帰ってきました。
それにしても、ここには書いていない濃過ぎる出来事も沢山あり、
非日常感を存分に味わってきた2日間でした。
何よりも今後日本のレース史に語り継がれるであろう
名レースに立ち会う事ができたのは本当に幸せです。
これで、今年アロンソがチャンピオンを取ってくれたらさらにハッピーですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿